TEL:075-465-0505

審美歯科・ハイブリッドセラミッククラウンをお探しなら京都の堤洋之歯科医院

ハイブリッドセラミッククラウン

images

ハイブリッドセラミッククラウン治療の特徴

このような症状でお悩みの方

ハイブリッドセラミッククラウンはセラミックとブラスチックを混ぜ合わせたものです。
適当な硬さと粘り強さを併せもっています
当院の治療効果
  • 色が天然歯に似ているので見た目が良いです
  • 硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯を痛めません
  • 硬質レジン前装冠に比べ摩耗しにくく唾液の吸収がすくないです
  • 院長のこだわりに対応できる優秀な技工士が製作します
  • 当院では比較的安価な料金で治療させて頂いております

料金 【料金について】
※3年間保証
5万円(税別)

[症例紹介]

症例 上顎前歯部の変色・以前に詰められていたCR(プラスチック)充填部分の段差が気になり来院されました。 ジルコニアセラミッククラウン・オールセラミッククラウン・ポーセレンセラミッククラウン・ハイブリットセラミッククラウンの違いを説明した結果、多少の変色はご理解された上で予算的にハイブリットセラミッククラウンを選択されました。

症例 口を開いた時に銀歯が見えるのを気にされ来院されました。セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた小臼歯にはハイブリットインレー、大臼歯にはハイブリットクラウンを 装着しました。口を開いても銀歯が見えないと喜んでおられました。

症例 上顎前歯部に歯ブラシ不足のため、小さいむし歯(c1〜c2)が多数ありました。保険治療CR(プラスチック)充填処置をオススメしましたが、またむし歯になる(2次カリエ ス)のは嫌との事なので、ハイブリットセラミッククラウンを希望されました。

症例上顎前歯部が歯周病のため、かなり伸びてしまい噛み合わせも悪く、審美的にも悩 んでおられました。ハイブリッドセラミッククラウンの装着で綺麗になったとご主人ともども喜んでおられました。

[治療の流れ]

1 flow 1

カウンセリング

最初に症状を確認しその症状による悩みなどを聞きます。 患者様にこの治療方法が適しているかどうかを判断し説明させて頂きます。 次にハイブリットセラミッククラウンの特徴を説明します。歯並びを気にされている場合には、模型上で仮歯を復元したものを見て頂きますので出来あがった姿をイメージし ていただけます。

2 flow 2

初期治療

a.衛生士によるPMTC(口腔内清掃)を行います   
b.歯周病治療を行い歯ぐきの状態をよくします
前歯部の治療を行う場合には、まず臼歯部の治療を行い噛み合せを確立します

3 flow 3

治療開始

a.検査診断、設計、デザイン
b.(旧クラウンの撤去)、歯の削合、印象、噛み合わせのチェック、患者様に色の選択をして頂きその色調を技工士に伝えて作製、仮歯の装着 
 

4 flow 4

製作・治療期間

c.ハイブリッドセラミック クラウンの製作
d.ハイブリッドセラミック クラウンの装着・調整
e.完了
単冠の場合 2回(1週間ほど)、ブリッジの場合2〜3回(2週間ほど)
患者様の様態にもよりますのでおたずね下さい

5 flow 5

定期検診・メンテナンス

定期的(3〜6カ月に1度)な検診やホームケアなどを行っていきます。

セラミックの透明感とプラスチックの粘り強さを適度にあわせもった素材です。色調、強度ともに保険適応(前歯3本まで)の硬質レジン前歯冠に比べて優れています。

▲PageTOP