TEL:075-465-0505

審美入れ歯・コーヌス義歯治療をお探しなら京都の堤洋之歯科医院

コーヌス義歯

images

コーヌス義歯治療の特徴

このような症状でお悩みの方

コーヌス 総義歯
入れ歯と残っている歯が「一体化した固定装置」になるので入れ歯をしっかりと支えることが出来ます
当院の治療効果
  • 院長のこだわりに対応できる優秀な技工士が作製します
  • 当院では比較的安価な料金で治療させて頂いております

料金 【料金について】
※2年間保証
欠損数によりお値段に差異がございますが、
     概算で30万円〜50万円 プラス消費税となります。
     詳しくはお問合わせください。

※プラス料金が必要な場合もあります

[症例紹介]

症例 残っている歯に金属冠(内冠)を被せて、その上から入れ歯を装着する入れ歯です。 外冠と内冠の摩擦力によって入れ歯を維持します。

[治療の流れ]

1 flow 1

治療内容ご説明

欠損(抜けている)している歯をどのように治療するか(義歯・ブリッジ・インプラント)、詳しく説明いたします。義歯を選択された場合には、その種類について説明します。次にコーヌス義歯を選択された場合はその特徴を説明します。

2 flow 2

初期治療

a. 衛生士によるPMTC(口腔内清掃)を行います。
b.歯周病治療を行い口腔内を綺麗な状態にします。

3 flow 3

治療開始

a.診査診断、設計、デザイン
b.内冠の形成、型採り、噛み合わせチェック
c.内冠の製作
d.内冠の試適、ピックアップ印象(型採り)
e.義歯の型採り、噛み合わせチェック
f.義歯の排列、試適
g.内冠装着、コーヌス義歯完成

4 flow 4

治療期間

通常7回(1ヶ月半ほど)
患者様の様態にもよりますので随時ご確認下さい。

5 flow 5

噛み合わせの調整・定期検診

通常、翌日または近日中に調整に来院して頂きます。少し痛みがでる所もありますので、噛み合わせの調整、義歯内面の調整を行います。長く快適に使っていただくために定期検診をおすすめ致します。

コーヌス義歯とは、通常の部分入れ歯のようにバネで他の歯に維持を求めるような形式ではなく、 残っている歯に内冠という冠を被せ入れ歯内部に作られた外冠と装着時に一体化する治療法です。 これによって、入れ歯と残っているご自身の歯が「一体化した固定装置」となり、入れ歯をしっかりと支えることができます。
コーヌス義歯は、総義歯も部分義歯もございます。

▲PageTOP